fbpx
   

代表者ブログ
一生感動

2006.01.16
カテゴリ:

リサイクルはムダ?

今日の、日経新聞朝刊に興味深い記事がありましたので紹介を。

タイトルは『リサイクル 資源のムダ』

本来、リサイクル活動の目的とは、ゴミの排出量を減らし、資源を有効利用する事にあるはずですが、現状は逆に資源の無駄遣いを招いている、というんです。

例えば、ペットボトル。
回収率ゼロだった97年の生産量は20万トン、これが全部ゴミだった。
それが21万トン回収するようになった03年の生産量は44万トン、結果的に23万トンがゴミ。
このリサイクルの為の分別や運搬、再生品として加工することなどに要するエネルギーが石油換算して160万トン、これは普通にペットボトルを生産するエネルギーの3倍かかってるらしい。

リサイクルさえすれば生産してもいいだろうって考えにも問題が、例えば建設廃材のコンクリート。
リサイクルしたコンクリートを日本中の路盤に張りめぐらした場合、たった6年で日本全土から土が見えなくなるらしい。
その後は、どうやってリサイクルするんでしょう。

結局のところ、ゴミの減量や資源の節約には、耐久性が高く長持ちするモノを生産し、しかも利用者がそれを大切に使う、これしか方法は無いのである。