fbpx

家づくりへの想い

  • 頑固なまでに
    正しい家づくり。

    住まいづくりは、家族の夢、一生に一度あるかないかの一大イベントです。だからこそ、永く愛着をもって暮らすことのできる、間違いのない家を建てて欲しい。わたしたち扇建築工房は、家族の想いを叶えるとともに、建築のプロとして住まいが本来あるべき姿を追求し続けています。

  • 福塚の家 ダイニング

正しい住まいをデザインする

  • 住まいは建てたときが完成ではありません。

    一生に一度の家づくり。誰もがそのときの夢をめいっぱい叶えようとします。しかし、住まいは建てたときが完成ではありません。
    竣工し、引き渡しが終わってからも、家族が増えたり生活スタイルが変わったり、趣味志向も歳を経るごとに変わっていきます。そうした変化に柔軟に対応できる設計であること、永く飽きの来ないデザインであること、そうしたことを考えて住まいを建てるということがとても重要になってくるのです。

    わたしたち扇建築工房が建てる家が、流行を追いかけないのはそのためです。いつまでも心地よい住まいをつくる、それがわたしたち家づくり、家守り工務店の使命だと考えています。

家具と庭でつくる豊かな暮らし


  • 小松の家 外観
  • 家具から考える家づくり。

    身の回りの設えの善し悪しと暮らしやすさはとても密接に関係しています。もちろん基本的なプランは重要ですが、そこでどう暮らすかということを考えたとき、モノの配置や動線などを想定した設計を行うことで、実際に住み始めてからの満足度はぐっと高くなります。

    わたしたち扇建築工房が、家具や収納などすべて造作で行うのはそんなところに理由があります。なにより、家の設計と同時に行うことで、素材的にも違和感なく、すっきりと納まることで空間に無駄が生まれません。

    暮らしに潤いを与え、町の景色をつくる

    住まいは、そこに住まう家族のものであると同時に、その「まち」の景観の一部です。そして家を建てるということは、その昔何もなかったところに人工物を造るということ。少なからず環境を壊す行為でもあります。少しでも壊された環境を取り戻すために、庭をつくり、誰もが心の奥に持っている原風景をよみがえらせて、家に寄り添い、「まち」に緑を提供することを提案します。


  • 小松の家 外観

安心・安全に暮らすために

  • 設計施工を理解したスタッフが対応します。

    私たち扇建築工房は、お客様の前に立つ者すべてが建築士の資格を有しております。それは、いわゆる「営業」専属のスタッフがいないということでもあります。
    すべてのスタッフが現場を知り、お客様の要望の本質を理解し形にできるということ。お客様の家づくりへの思いを、額面通り受け取りカタチにするのでなく、建築のプロとしてよりよいものに昇華させていく。それが、わたしたちの家づくりです。

    建築の世界は日々進化し、法令もより厳格になっています。建築士の資格を持つということは、こうした「いま」の建築に対して責任を持つことでもあります。扇建築工房は、「建築士集団」として正しく間違いのない住まいを作り続けています。