家具と庭でつくる豊かな暮らし

  • 扇建築工房がつくる家具

    わたしたち扇建築工房は建物本体だけでなく、暮らしにあわせた木の家具も設計し、製作しています。寸法や素材に統一感がうまれ、空間全体としての完成度が高まります。いつも手が触れる家具は、手触りや細かな寸法に最もこだわってつくり込みたい部分の一つです。

造作家具

身の回りの設えの善し悪しと暮らしやすさはとても密接に関係しています。もちろん基本的なプランも重要ですが、そこでどう暮らすかということを考えたとき、モノの配置や動線などを想定した設計を行うことで、実際に住み始めてからの満足度はぐっと高くなります。わたしたち扇建築工房が、家具や収納などすべて造作で行うのはそんなところに理由があります。なにより、家の設計と同時に行うことで、素材的にも違和感なく、すっきりと納まることで空間に無駄が生まれません。

  • テーブル
    テーブル
  • 造作家具 コンロ台
    コンロ台
  • 造作家具 手すり
    手すり
  • 本棚
    本棚
  • 食器棚
    食器棚
  • 造作家具 デスク
    デスク
  • 造作家具 棚
    キッチン収納
  • 造作家具 テレビ台
    テレビ台

扇建築工房がすすめる椅子

たくさんの居場所がある家は居心地の良い空間であると考えます。それを演出するための家具としてもちろん椅子も推奨しています。長く大事に、愛着を持って使っていただく椅子の選択は重要なのです。扇建築工房がすすめる椅子をご紹介します。

  • 椅子
  • 椅子
  • 椅子
  • 椅子
  • 椅子
  • 座椅子
  • ソファ
  • ソファ
  • 大人見の家 庭
  • 扇建築工房がつくる庭

    実がなる樹は収穫の喜びを、落葉樹は四季の移ろいを、花は自然の美しさを教えてくれます。樹木は鳥を呼び、風雨から建物を守り、「まち」のシンボルとなります。
    葉はそよそよと涼しげな音を奏で、気持ちの良い影を落とし、蒸散によって風を冷やしてくれます。太陽の下できらきらと透ける葉、雨に濡れて艶々と光る葉、土に還っていく落ち葉。

    いつも違う表情で、ずっと私達を愉しませてくれる庭。庭で、暮らしはもっと豊かになります。

  • 庭づくりを同時に行う理由

    家具だけでなく、庭も建物と一体のものであるべき。それが私たち扇建築工房の家づくりに於ける基本的な考え方です。それは、窓から見える景色、逆に町から見える佇まいは、家の設計の大いに関係しているから。敷地を読み、住まいを設計するのと同時にどこに庭をつくるかを考えることで、住まいはぐっと魅力的なものになります。

    グループ会社fan landscapeでは庭づくりだけのご相談も承っております。

  • 伊左地の家
  • 造園家 荻野寿也氏との協働

    わたしたちの庭づくりの師匠とも言える方が、造園家の荻野寿也氏です。数々の賞を受賞され、造園界ではいま最も注目されている荻野氏との庭づくりワークショップを何度となく繰り返すなかで、わたしたちなりの庭のありようを見つけることができました。
    美しく、四季をより愉しく感じられる住まいが、この庭を纏うことで完成します。

荻野寿也氏による造園設計/協働施工

グループ会社fan landscapeによる造園設計/協働施工

  • 荻野寿也

    1960年大阪生まれ。1989年、家業である荻野建材に入社。同時に荻野建材株式会社設立。資材部工事部と共にゴルフ場のグリーンメンテナンスを行う緑化部を設立。1999年、アトリエが第十回大阪府みどりの景観賞奨励賞を受賞。以後、独学で造園を学ぶ。2006年、荻野寿也景観設計開設。

    WEB:http://www.o-g-m.co.jp/