fbpx
   

代表者ブログ
一生感動

2006.06.29
カテゴリ:

どうなっちゃうんでしょ?

住宅業界、というよりはむしろ建築士業界では、にわかに資格制度が問題になっている。


他でもない耐震偽装問題が事の発端なんだが・・・。


<耐震偽装>1級建築士に新たな試験実施 国交省見直し案


現建築士は勿論、来月の建築士試験の受験を控えた人たちにとっては非常に厄介な問題である。


今年受験する人にとってみれば『合格するメリットっていったい?』って感じだろうし、私も含めて現建築士にとってみれば『新試験の為に、また受験勉強やんの?』って感じだろう。


勿論、お上の方針に従わざるを得ないのだが、なんか論点がずれてるような・・・。


というのも、
今回の耐震偽装問題をおこしたA氏、彼は構造設計業界ではいわゆるスペシャリスト、私なんぞでは到底太刀打ちできないほどのスキルを有す。
『構造』の世界では一定以上のスキルを有していたからこそ、検査機関やお役人の目を誤魔化せたわけで・・・。


要するに、今回の事件ってのは単に、『モラルの欠如』が問題では?と思うわけで・・・。


資格を専門化させる事には何の異議も無いのだが、今回の国土交通省の制度見直し案に関しては、どうも合点がいかない。


こんな方法で解決できるつもりでいる国交省にぞっとするのは私だけではない筈だ。