fbpx
   

スタッフブログ
切磋琢磨

2014.09.28
カテゴリ:

工務店×学生

お世辞にも「工務店」ってのは人気の職種とは言えません。
弊社にも元ハウスメーカー、元設計事務所のスタッフがいますが、み~んな、いわゆる第二新卒。
学生さんは、「ゼネコン」に行こっかな~、いや、「ハウスメーカー」の方がイイかも、ちょっと待てよ、「設計事務所」の方が面白いんじゃない?なんて考えを巡らせますが、「工務店」に行きたい!!なんて人は皆無に近いんです。
これは学生さんに問題があるわけじゃなくって、先生や親御さんが工務店に興味を持ってない、とか、そもそも工務店って存在を知らない、ってのも大きいように思います。もちろん工務店の努力不足が最大の問題であることに異議はありませんが。w
でも一方で、「工務店」って結構面白いし、結構いい建物も建てる。
第二新卒もハウスメーカー→工務店って人や設計事務所→工務店って人は多いけど、その反対は殆どいない。
それだけ工務店ってのは楽しいし、みんなモノづくりに近い環境で誇りを持って頑張ってる。
そんな「工務店」の存在をもっともっと学生さんや学校に知ってもらいたい。そして身近に感じてもらいたい。

というわけで浜松で学ぶ学生さんや学校に、工務店の魅力を伝える活動をしています。
今日は家具作家の村澤さんを講師に招いて「空間のための家具設計」ワークショップ第2回、を開催しました。
参加してくれたのは、静岡文化芸術大学の学生さんとルネサンス・デザインアカデミーの学生さん。
工務店からは浜松で活躍されている石牧建築桑原建設樹々匠建設となりの建築工房の面々が文芸大キャンパスに集いました。
P1140934

IMG_1952

P1150018

今回のWSは最終発表に向けての中間講評。
学生さんらしい楽しい提案がたくさん見られて、次回の発表が非常に楽しみです。
浜松にも頼もしい学生がたくさんいますね~。