fbpx
   

スタッフブログ
切磋琢磨

2021.02.12
カテゴリ:

【1】「省エネルギー基準」とは?

こんにちは、扇建築工房の井口慎弥です。

本当にたくさんある住宅の温熱性能基準のベースとなっているのが

「建築物のエネルギー消費性能の向上に関する法律」

=建築物省エネ法
による

「平成28年省エネ基準」
です。


内容は3つ。

次の①~③がそれぞれ基準値以下であること。

①外皮平均熱貫流率(≒冬の暖かさ)

 

②冷房期の平均日射熱取得率(≒夏の涼しさ)

 

③一次エネルギー消費量基準(≒電気やガスの使わなさ)

 


これら3つに、地域ごとなどで基準値が定められていて

基準値以上の性能を持った建物にすること求められています。

(住宅の場合はまだ義務化まで進んでいません。)

 

どれだけこの基準を多く超えてるかを独自の特徴とする住宅があったり

公的機関、民間機関よっていろいろな認定があったりします。

これをベースとして今後比較してみていきます。

 

関連記事:ただ今の気密断熱性能値

文中の図表出典:住宅省エネルギー技術講習テキスト基準・評価方法編(改正)平成28年省エネルギー基準対応

井口慎弥/扇建築工房