fbpx
   

代表者ブログ
一生感動

2017.06.25
カテゴリ:

何故平屋建てなのか・・①

扇建築工房で建てられる家の5割以上、多い年は8割ほどが平屋建てです。
弊社が積極的に平屋建てに取り組むようになったのが今から12年前。
敷地条件や周辺環境により平屋建てが適していない場合を除き、ほとんどの場合、まずは平屋建てをご提案しています。
今では平屋建てがそんなに珍しいものではなくなりましたので、「何故平屋建てがいいのか」といった質問を持たれる方も随分と減ったように思いますが、よくあるいくつかの質問に答えておきましょう。

Q1、1階で寝るのが怖い。防犯面をどう考えるか?

これ、一番多い質問です。
そして、この質問をされる方の殆んどが、「防犯=空き巣」をイメージされている傾向にあります。
さて、我々にとって、一番怖いのは本当に「空き巣」でしょうか?
財布や家電を盗まれるのは確かに腹立たしいし、気持ち悪いです。
しかしながら、家族の「命」に危害はありません。

実は、住まいに関する犯罪の中でも最も怖いのは、家の中に家族がいる時、不審者に侵入されたり、放火されたりすることじゃないでしょうか。
で、「防犯面」から考えれば、何か不測の事態が起こった時、もっとも大切なのは「いかにして、子供を抱えて窓から屋外へ逃げるか」だと思うんです。
そうです、避難経路の確保がもっとも大切なんです。
2階以上に寝室なんかがあった場合、不審者に追いつめられる危険性があります。
特に家に奥さんやお子さんしかいない場合、これが一番怖いんです。
大切なのはお金なんかじゃない、「命」なんです。
お分かりいただけましたでしょうか。
P4220149

DSC_3663