メニュー
  • メール
  • 電話
   

スタッフブログ
切磋琢磨

2017.07.21

木造は今も尺貫法

こんにちは、扇建築工房の井口です。
木造住宅は今でも現場は尺貫法が使われます。

間(けん)、尺(しゃく)、寸(すん)、分(ぶ)、たまに厘(りん)もでます。
小数点以下の扱いは様々なのですが、
1間=1.82m、1尺≒303cm、1寸≒3cm、1分≒3mm、1厘=0.3mm こんな数字になります。

現場では、十進法の図面を尺貫法で会話する、ということになるんですけど、
これが始めの現場の壁でして、いちいち計算で換算していては現場の打合せのスピードに乗っかれず、あわあわしながらも自然と覚えてく(しかない)ことになります。
といっても今でも例えば5尺3寸2分(ごしゃくさんずんにぶ)とか普段あまり出てこない切りの良くない数字なんかがでると、え~と1分が3mmだから・・・え~と・・と、換算にとまどってしまいます。

おじいちゃんおばあちゃんも尺貫法なので、これを覚えておくと楽しく話せます。

井口慎弥