メニュー
  • メール
  • 電話
   

スタッフブログ
切磋琢磨

2017.08.04

収納の奥行を考える

こんにちは、扇建築工房の井口です。
今日は一日、家具と収納を考えていたのですけれど、収納って奥行が悩みどころです。

奥に深いとたくさん入りそうだけど、結局奥のものは出せないので使いやすい収納とは言えないな
奥は使えなくなるけど浅い奥行で壁をたててみるか、浅い収納は全部が一目で見られて使いやすそうだ
でもやっぱり奥を上手に使えないかな、引出なら奥まで使えそうだな、でもこんなに長い引出じゃ引き出したら自分がいるところがないぞ
じゃあ裏側の反対の部屋から使ったらどうかな、この壁は収納にしたくないなあ、一面が漆喰壁になっているときれいだしなあ・・・
やっぱり浅く壁をたてて一目でみられるのが一番良さそうだ

堂々巡りにならないように集中して・・

入るものを想定して、でもギチギチにつくり込みすぎてあとあとの自由度も無くしてしまうことのないように・・・

こんな具合で。

井口慎弥