メニュー
  • メール
  • 電話
   

スタッフブログ
切磋琢磨

2017.07.28

適材適所に

外部で使用する木材には、杉の赤身を使用します。

赤身部分には、樹木として生きている時に白身から赤身に変わる段階で、樹脂分などが貯えられる性質があります。
この樹脂分が、腐朽菌、カビ、虫等の外敵から身を守る役目を果たします。 

佐藤