fbpx
   

スタッフブログ
切磋琢磨

2021.02.11
カテゴリ:

建前ではぜひ木の組合せ部分を見るべき

こんにちは、扇建築工房の井口慎弥です。

知ると自分の家をもっと誇りに思えるおすすめポイントを一つ。

 

上の写真のように木と木が組み合わさるところを「仕口(しぐち)」と呼びますが

ここには、伝統的な木組み技術から新しい接合金物部品まで、いろんな技術と科学が結集してます

 

設計過程ではこんなふうに高さの検討や組み合わせ方を考え、

大工さんと実際に実現可能かどうかや施工手順を詰めていきます。

 

頑丈なことはもちろん

組みあがってしまえばそのために設計・施工での困難は

できるだけ感じないような出来上がりになるようにする「いき」な部分であります。

私たち作り手側としては、ここが難しくもあり、また考えがいのある部分でもあります。

 

住まい手側とされましては技術を詰め込んで作られたことを感じられ

知ると自分の家をもっと誇りに思える部分となること間違いありません。

 

設計者・施工者にこのへんのことを聞いたら

ここまでの過程をいつまでも聞かされることも間違いありません笑。

 

完成してしまうと隠れてしまう部分もあるので

建前の日には、ぜひとも注目してもらって

もっと自分の家を誇りに感じ愛着を深めてもらえることを願います。

 

井口慎弥/扇建築工房