メニュー
  • メール
  • 電話
   

代表ブログ
一生感動

2017.08.09

枝と根っこ

カテゴリ:

神ケ谷の家では、お隣さんの大木が2本ほど、こちらの敷地に覆いかぶさるようにして生えてました。

ちょうど良い木陰になるし、できることであれば残したかったのですが、建物の配置上、どうしても屋根上に枝葉がかぶってしまい、落ちてきたら危険です。

「こちらに越境してるわけだし、解体工事のついでに切ってしまおう!」
この行為、実は民法に抵触しますのでご注意を。

意外と知られていませんが、民法では、
隣地の竹木の枝が境界線を越えるときは、その竹木の所有者に、その枝を切除させることができる。
と定められています。

ですから、「おたくの枝葉が越境していますので、大変申し訳ないのですが、撤去していただけますでしょうか」が正解となります。
今回も、このような説明をしたところ、お隣さんが気持ちよく応じてくれて樹木は撤去されましたので、一安心です。

ちなみに、境界にブロックを積もうと思って掘ったら、お隣さんの木の根っこが邪魔になってしまって・・。なんてこともよくあります。

この場合、民法では、
隣地の竹木の根が境界線を越えるときは、その根を切り取ることができる。
と定められていて、お隣さんの承諾なく、勝手に抜根することが認められております。
だからと言って、本当に勝手に抜根すれば遺恨が残るだけですので、やはりお隣さんには事前に相談する方が間違いないとは思います。

ファイル_000