fbpx
   

代表者ブログ
一生感動

2017.07.07
カテゴリ:

減築のすすめ

数十年前に建てられた住まいというのは往々にして大きいです。
かくいう私の実家も親父がバブル期に頑張って建てた馬鹿デカい2階建てに、母親が一人ぼっちで住んでいるわけですが・・。(-_-;)

こうした場合の、老後の大きな不安が「耐震」です。
今では全く使われなくなった2階にある当時の子供部屋が、重さ的にも精神的にも重くのしかかります。
使われている部屋ならともかく、使われていない部屋を頭上に抱えながら、直下で生活するのって不安ですもんね。

こんな時は、「減築」という手法で、2階部分を撤去して平屋建てにしてはいかがでしょうか?
撤去する大きさにもよりますが、「2階部分の撤去+屋根補修」で400~500万ではないでしょうか。
この費用をかけることにより、「耐震性能が格段にあがる」「軽くなる分、1階部分の耐久性も増す」「北側のお宅に喜んでいただける」「減築後のメンテナンス費用が安くあがる」などのメリットが考えられます。

IMG_4746IMG_4744

②IMG_5547②IMG_5546