fbpx
   

代表者ブログ
一生感動

2017.07.04
カテゴリ:

賢い不動産売買・・②重要事項説明書

買付証明書を売主に提出すると、丁寧な不動産屋なら「売渡証明書」を発行してくれるが、どうやらこれは形骸化しているようです。

で、次のステップは「重要事項説明書」の説明を受けることになるのですが・・。

そもそも「重要事項説明」とは、宅地建物の取引において、宅地建物取引業者が宅地建物取引士をして取引当事者に対して契約上
重要事項説明することをいう。 また、その際に、説明の内容を記載して当事者に交付する書面を、重要事項説明書といい、契約前に行うことを宅建業法で定めています。
この「契約前」ってのが実は今回のミソでして。

どういうことか・・。
意を決して買付証明書を提出すると、不動産屋から「契約日はいつがよろしいでしょうか」と聞かれます。
その流れで日程を決め、言われたもの持って指定された場所へ行くと、そこには不動産屋と売主が待ち構えております。
「はじめまして、この度は土地を譲っていただきましてありがとうございます」なんて挨拶しながら着席すると、早速、不動産屋が口を開きます。
「今日は契約ですが、その前に私から重要事項の説明をいたします。」とやるわけです。
そこで、何十ページにも及ぶ重要事項説明書を足早に読み終えた不動産屋が、「買主さんは何か質問がございましたらどうぞ。」と。
どうですか、皆さん、はじめて売主さんとお会いしたこの状況で、思ったことをストレートに質問できると思います?
普通の神経の持ち主であれば、「と、特にありません・・汗」というのが精一杯です。
勿論、これが不動産屋の狙いなんです。
あくまで業法では「契約前」と定められているにすぎませんので、当日の直前だって法には触れません。
しかしながら、数十ページに及ぶ説明書を理解し、質問を並べるのには最低一週間は要します。

流れをおさらいします。

買付証明書提出⇒重要事項説明書の説明を受ける⇒重要事項説明書についての質疑⇒契約日の設定⇒契約

ご理解いただけましたでしょうか。

・・・次回見学会のお知らせ・・・

〈日程〉7/22(土),23(日)
〈場所〉磐田市岩井分譲地内
〈概要〉60坪の土地に計画された30坪弱の2階建て
〈開催時間〉①9:00~10:30
      ②10:30~12:00
      ③13:00~14:30
      ④14:30~16:00
      ⑤16:00~17:30
〈開催方法〉事前予約制

参加をご希望される方は、希望の時間(①~⑤)を添えた上で、私(suzuki@ougi.jp)までご連絡ください。改めて、案内図をお送りいたします。

扇建築工房facebook      https://goo.gl/Uu4m8a
扇建築工房Instagram     https://goo.gl/5Wopk7
扇建築工房アプリ iphone版  https://goo.gl/EAZSG4
         Android版  https://goo.gl/KbxlPI